浜松のベテラン派遣看護師がスゴい?!

家族が入院していた小さな病院です。
前に骨折で入院したときは、とても親切で人好きのする明るくぱきぱきとした看護師長でした。
家族もとても気に入って、すっかり元気になったし、その後も通院で会うのを楽しみにしていたくらいです。
が、数年後、この病院ではそこまで診てもらっていなかったところが悪くなり、他の病院を勧められました。
結果、末期だとわかったのですが、なんとなく今までとは看護師長の態度が変わったんですね。
大きな病院で手術する前と、手術後、この病院で数週間療養のために入院させてもらいました。
そのときも、なんというか、よそよそしい態度で首をかしげました。
患者さんの容態で差別するなんて、医療関係者としてあってはならないことですからね。

しかし、あるとき、家族がお風呂かリハビリでいないときに、私が病室にいると同室の患者さんから呼ばれました。
点滴が終わったのにナースコールを押せない、看護師さんを呼んでくれるようにと頼まれました。
私は家族のベッドのナースコールを押したのですが、応答がありません。
そこで一階上にある看護師詰め所に行くと、例の看護師長が電話中でした。
ナースコールが鳴っているのもわかっているし、誰からかもわかっている、
そして家族の私が呼びに行ったのに、うるさいと怖い顔して怒鳴られ、くるっと背を向けて電話を続けました。
私は自分のことでも家族のことでもなく、知らない人のことなので必死になって声を掛けましたが聞いてもらえませんでした。
しかたないので、下の階まで走り回りましたが、こんな時に限ってだれひとり看護師さんに会わないんですね。
もう一つ下の階へ行くと、介護士さんたちに会い、私の必死の顔を見て、どうしたの?と言われました。
そこへ看護師さんが出てきて、点滴がと言ったのですが、その人は担当が違う、どうしようというところへ
違う看護師さん登場で、やっと点滴を外してもらえました。
その看護師さんに、看護師長さんに無視された話をしましたら、それはひどいとやんわり言われました。
そして次の日の回診のときに、みんなの前でわざとらしく謝られました、大事な電話だったんだと
が、もう失った信頼は返りませんよね。

なぜって、私の家族のベッドからだから出なかったの?点滴くらいでと思ったけど
本当になにかあってナースコールしてたらどうするつもりだったの?と、今でも怖いです。
尚、このお隣の患者さんは、私がどんなに苦労して看護師さんを見つけてきたか
全然わかっていなかったみたいで、お礼すら言われませんでした。
私の家族が亡くなるときも、その病院でしたが、看護師長さんは入院はさせてくれたけど
一度くらいしか顔を見せなかったです。
すぐそこにあるナースセンターで忘年会の余興の話を大きな声でしていたのが忘れられませんね。
毎日誰かが亡くなって行くくらい、重篤な病人さんばかりの病棟でしたが
私の家族にもあれだけ親しくしていたのに、重篤になると近づこうともしないし、
すごい神経なんだな看護師ってと改めて思いましたね。

私も、そんなベテラン看護師さんを見習って、看護師派遣浜松で転職成功したいです!